お神札とくらし

神棚百景-神棚のあるくらし

工藤麻知子さん

工藤麻知子さん

2017-2-27

大久醤油は創業明治30年、大正天皇にも献上した老舗醸造元です。伝統の製法を受け継ぎ、今もなお昔ながらの博多の味を守り続けています。写真は美しく朗らかな人柄の4代目女将、工藤麻知子さん。
昔からの作業場をそのまま生かした店内、2階まで吹き抜けた売り場の番台の真上に大きな神棚があります。毎月麻知子さんが榊を取り替え、正月には小みかん、スルメ、昆布、米、干し柿の入ったおひねりを2段重ねのお餅にのせてお供えします。高いところにある神棚なので、脚立を使ってお手入れ。少しこわくもあるけれど、それも麻知子さんの日々の暮らしのたしなみです。

お神札とくらし

Copyright© 2016 FUKUOKA-KEN JINJACHO FUKUOKA-SHIBU All rights Reserved.